ロフトの熱気

この季節のBESSオーナーあるある。
暑いですよね、ロフト。

階段を登っていくと、明らかに空気の層が変わるのを体感できます。
まさにサウナ状態。

以前どこかで読んだ記憶から、窓の外に向けてサーキュレーターを回してみました。

さらに、シーリングファンのダイヤルを強に。
だいぶ熱気が抜けました。

建築時にはまったく気づかなかったことですが、
ロフトに換気扇を付ければまた違ったのかもしれない。

とはいえ、寝室はエアコン無いと寝れないですね。
ものすごく暑がりの小2男児がいるもので。

Share on FacebookTweet about this on Twittershare on TumblrPin on PinterestGoogle+

ロフトの熱気」への4件のフィードバック

  1. 初めまして。うちもカントリーログなので、判る気がします。

    うちの場合、天窓や側面の窓をちょっとだけ解放し、階段と吹抜けに業務用扇風機を廻すことによって、空気の循環を図ってます。

    屋内を廻った空気で、室内は陽圧になり、ちょっとだけ解放した窓から熱気が逃げていくので、今はそんなに苦になってませんよ。

    ただ…業務用扇風機だけに音がうるさいです。

    1. めえさん、コメントありがとうございます
      業務用扇風機!いいねですね、カッコイイですよね。「陽圧」、、、はじめて知りました。私も空気を自在にあやつるオトコになりたいです。

      いま思い出しましたが、うちはロフトが洗濯干し場になっているので湿気も多くてますますサウナ気分になるのだと思います。しかしロフトは洗濯物がよく乾く!冬でもよく乾くので嬉しいです。

  2. 初めましてm(_ _)m
    現在、Gログ建設中の者です

    勝手な思い込みでWDよりはログの方が熱気が逃げやすいのでは?と思っていましたので、実際のあるある体験が聞けて、とても参考になりました!
    ありがとうございます(^-^)

    やっぱりシーリングファンは必須アイテムみたいですね^_^;

    1. はるびかるさん、はじめまして。
      Gログたのしみですね!ちょうどウチが完成した頃にリリースされたのでうらやましいです。

      だいたいどこのお宅でも2階は暑いといいますが、おそらく吹き抜けから温かい空気が上にあがっていくんでしょうね。シーリングファンはほぼ回りっぱなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。